2008年7月12日土曜日

がっくり


それは ショックだった・・・

初めは、たちの悪い虫にでも刺されたくらいかと思っていた。

右足の小指と薬指の間がぷっくり腫れ上がってかゆかった。虫さされ薬を塗って、しばらく放置。

だが、なかなか指の間の腫れが治まらない。
虫さされによる腫れだと思っていた皮膚の膨れは、水膨れのようにも見えた。
靴への収まりが悪化して歩いていても違和感を感じる程だった。

そして、今朝、だ。
出かけようと靴下を履くとき、右足の異変に気がついた。

薬指と中指の間の皮が白く変色し 剥けているではないか。
小指と薬指の間の水膨れはひいてはいたけど、やはりおかしい。
手で皮をつまんでみると、痛み無く簡単に剥けてしまった。


これは・・・。
白癬菌感染、いわゆる水虫だと思う。いや、そうに違いない。

水虫とはこの数年間無縁だった。私は油断していた。

水虫は感染症。どこかで 白癬菌保有者から感染したのだ。

思い当たるのは、温泉入浴施設の足ふきマットなど。
用心深い私は気をつけていたつもりだったのだが・・・。

感染しても白癬菌の増殖を抑えられれば水虫にはならない。
足の指の間は汗をかきやすく 湿っているところを好む菌の温床になりやすいらしい。

ああ〜〜〜っ!
私は油断していたのだぁ〜〜〜っ!!!

今日からは シツコイ水虫を退治するための、長くてキツい治療生活が始まる。
早速、薬局で効きそうな水虫治療薬を購入。
がんばるぞ〜!

- - - - -
追記
水虫の様な症状を発見した場合
自分で判断せずに、皮膚科を受診した方が良いとの事です。
私も早めに診てもらおうと思います。

- - - - -
2008.07.15
またもや追記
皮膚科を受診してまいりました。
私の患部の剥けている表皮を採取し、白癬菌の有無を調べてもらいました。
結果、白癬菌は見つかりませんでした。
どうやら、市販の水虫治療薬を塗ってしまっては
表面の白癬菌が死滅する事があり、正しい診断ができないという事です。
大失敗です。
先生曰く、水虫だと思ってやってくる人のうち2割は他の病気だという話です。
その話には驚きましたね。

皮膚のかゆみ、水泡、カサカサ、ジュクジュク等で悩んでいらっしゃる方
一人で判断をせず、一度 皮膚科を受診される事をお勧めします。

0 件のコメント: