2008年10月23日木曜日

CONTAX T3 一枚目


衝動買いしたこれ
いきなりリバーサルフィルムを入れて撮ってみた。

現像から上がってきたモノを見て驚いた。
彩度が高いとは聞いていたけど、
かなり「こってり」していたので。
柔らかい雰囲気の絵が好きな私には向かないかな?

それから・・・約一か月後
やっとフィルムをスキャンできるものを買ったので
早速取り込んでみる。

ドライバーの使いこなしや
スキャン後の調整はまだまだダメだと思う。

これからこれからだぁ〜

写真、良く見るとピントきてない…
その場で撮影状態を確認できないフィルム撮影って
難しいよ、やっぱり。

CONTAX T3, FUJICHROME Velvia 100, EPSON GT-F720

2008年10月18日土曜日

晩秋の夕陽


最近はもうすっかり
日が短くなってきたと感じる。

仕事中、気がつくと暗くなっている毎日
今日は久々に、遠くの山へ沈む太陽を拝む事ができた。

ああ、もう
あっという間に 山にお日様が隠れてしまう…


もうすぐ冬だね…

ああ なんて、もの悲しいんだ
"ちょうどいい季節"の短さときたら。

秋の景色






2008年10月15日水曜日

蔵王の紅葉


12日、 蔵王の紅葉が見頃だった

私は山形側から宮城側へ抜ける

クルマで登って行くと
広葉樹の限界高度まで
この時期だけの彩色を楽しめる

山岳観光道路"蔵王エコーライン"は
稀に見る激しい渋滞。

私のゆく道は それとは反対車線。
長い長い車列を横目に見ながら
ザ・「ワインディング・道路」を流す。


逆に
この時期の渋滞なら、
楽しいひとときなのかもしれない


宮城蔵王には
上のような光景が広がっている

自分が置かれている場所を正確に把握する事が
意外に難しいものだと気づかされる

2008年10月11日土曜日

アスファルト



今の私に できること



私にできる 小さな事



秋の山村、稲杭と







吹き付ける風が
冷たく感じられる。

その風が
籾を乾かしてくれる。



収穫した籾の乾燥方法で味が変化する事が
一般に広く知れ渡った出来事がある

…あの頃はいわゆる
『グルメブーム』の頃だったか
某・漫画の影響だと思う


お米は自然乾燥が一番うまい
現在でもそれは動かし難い事実だ

近年は石油乾燥機の改良もあってか
コンバインによる収穫によるお米でも
なかなかうまいご飯を味わえる。



撮影にはマウントアダプターを介して OM Zuiko 50mm f/1.4 を使いました
そのため、メタデータの焦点距離、絞り値等は 正確ではありません

原爆ドーム (the Atomic Bomb Dome)






広島・四国方面への旅から帰ってきて
もう2ヶ月が経とうとしている。





旅を終えた直後は
旅で撮ってきた写真を私の感じた事とともに
ここにあげていくつもりだった。



広島で滞った。
正直言うと、悩んでいた。
どう書けば良いのか。


胸に秘めている事は沢山ある…

(つづく)

2008年10月3日金曜日


クルマを停めて 山裾の農村部の景色を見ていたら
小さな蓮池を見つけた

蓮の花をこんな近くで見たのは、初めてのことかもしれない

知らなかった、
白黒写真には カラー写真とは違った魅力がある




  『写真』
という言葉を創った人はスゴい

でも、その言葉を考えついた頃はまだ
カラー写真は無かった事と思う

厳密には"真"の色、本当の色ではないけど
写真には
捕えられた被写体の本質を
グッと引き出す「何か」がある


 

ああ、そういえば
"カラー"の事を90歳超の祖母は
"天然色"と呼んでいた…