2008年11月11日火曜日

和ぷりん


和ぷりん

容器が可愛い
このプリン

なにがどう、「和」なのか?

実は・・・


もともと、静物を撮るのが好きだ。


私はプロのカメラマンではないし
当然、写真家でも何でもない。
ただの"飼い社員"だ。

たまたま職業柄、レポートにつけるための
簡単な資料写真を撮る事がある。

レポートの書き手から依頼を受ける。
ときには自分が説明資料を作るために。

希望のイメージにできる限り近づくように
依頼者から撮影対象と報告内容を良く聞き取る。
読み手に上手く伝えるために
何をどう撮れば良いかをよく考える。

そして、
限りある機材を駆使し
今の自分の技量のベストを尽くす…。


私は
仕事で写真を撮っている。

だから
自称・プロカメラマン。

あくまでも 自称ですけど。



実は、このクリームの下には・・・


あ、ごめんなさい!

ウマくて一気に食べてしまい
写真無いです。


3 件のコメント:

mi-ma さんのコメント...

あ、クリームの下・・見たかったです・・
やばいほどにおいしそうですね。

ねこ♪ さんのコメント...

あら、どう「和」なのかを説明してくださいよ~w
言葉でいいですから。
一気に食べてしまうほどの美味しいプリン、私もひとくちご相伴にあずかりたかったー。

16PK さんのコメント...

mi-ma さん、ねこ♪さん
コメントありがとうございます。

ごめんなさい、
クリームの後、ビビビときて、
気がついたら空になっていました。
その味は、和洋折衷のお菓子の中でも
今となっては特に珍しくないものですので
ご想像にお任せしたいと思います。

和菓子と洋菓子。
和室と洋室。
和式と洋式。

「和」ってそもそも、どういう事なのでしょうね?

私たちの国、日本は
古代から外国のものを取り入れてきたみたいですね。
水稲など、作物もそうですし、仏教や政治の考え方なども。
飛鳥時代の頃には既に
外国から政治家を受け入れていたとの説もあるそうですね。

「和」とは、きっと
他の良さを認め、それをしなやかに自分たちに取り入れる心の事なのかもしれません。