2008年11月8日土曜日

酒田の六角灯台 (A Lighthouse, 2008.11.02)


山形県の庄内地方の港町−酒田市
日和山公園内に白い灯台が建っている。

それは、酒田市指定文化財の灯台(初代)
通称・六角灯台

日本最古級という木製の灯台はいま、現役を退いて
この公園から海を見下ろしている。


 
ホワイトバランスを故意にいたずらしてみた
風力発電設備の風車が勢いよく回る
庄内は風が強い

手前に酒田港、その奥の流れが最上川


    おほきなる流れとなれば ためらはず
    酒田のうみにそそがむとする
茂吉     
日和山公園には斎藤茂吉のほか
ゆかりのある文化人の歌碑や句碑が沢山建っている。

4 件のコメント:

ねこ♪ さんのコメント...

最後から2枚目の風景がかなり好きですねー。
こういう雲間から差し込む光も好きですし、川縁のクレーンとか風車とか船とか、大きいサイズで見ると、いい雰囲気なのがよくわかりますね。
六角灯台、中には入れないんですか?

16PK さんのコメント...

ねこ♪さん
お日さまを入れた写真ですね、ありがとうございます。
何度も露出を確認しながらの「数打ったら当たってしまった」的写真です。
ただ、改めてじっくりと眺めてみると、何だか寂しげな写真で、テーマと合っていないような…。

六角灯台のドアには堅く錠がなされ、内部は入れそうにない感じです。この場所で市民の皆さんに温かく見守られながら、静かに静かに最上川がそそぐ日本海と酒田の空を見つめて過ごしていくのでしょうね。

mi-ma さんのコメント...

「桜桃の味」からブログ拝見してます。東北の空は今まで見たことがなかったので、その美しさに思わずコメントを残してしまいました。これからも日常の素敵な瞬間を見せてください。

16PK さんのコメント...

mi-maさん
いらっしゃいませ。
ご訪問とコメントをありがとうございます。
「桜桃の味」は、ずっと前にNHKで放送されたときに一度観たきりなのですが、忘れられない映画です。DVD化されていれば改めてじっくり観たいと思います。

酒田を訪れた時はあいにく曇り空でしたが、雲とそこから時々漏れるお日さまの光が、空を表情豊かにしてくれますね。