2009年1月1日木曜日

元朝参り


新年、おめでとうございます。

手のひらの上のこれ、何だかご存知でしょうか。
お正月にやる、アレのアレですよね。

弟に教えてもらいました。
林業科の出なので、木々にはやたらと詳しい弟です。


今日は元日。

実家の親兄弟と
実家の裏山にある氏神様に初詣してきました。

小さなお堂です。

私もちゃんと挨拶しましたよ。

死んだ祖父によると
縁結びのご利益があるらしいのですが。

・・・なぜ?
何か伝説でも?

4 件のコメント:

mi-ma さんのコメント...

新年明けましておめでとうございます。
どうぞ今年もよろしくお願いします。

木の種?と葉っぱ?で作ったものですか?

子供の頃、凧をあげたり、羽子板をしてキャイキャイ遊んでいたことを思い出しました。

又、初詣に行かれたお堂・・。
もしかすると、実はお爺様自身がここでお祈りをして、見事願いがかなったから・・・とか!!

16PK さんのコメント...

mi-maさん
新年おめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

mi-maさんもご存じなかったのですね。
羽根つきの羽根って 木の実そのものだったのです。人為的な加工は一切加えられていないですよ。
写真の木の実を落とすと、バドミントンのシャトルコックのようにくるくる回転しながら落ちるんです。弟にその様子を見せられて、私は目が点になりましたよ。
自然って不思議。

ねこ♪ さんのコメント...

あけましておめでとうございまーす♪

すっごくアットホームな初詣ですね~w
縁結びとは、どういう由縁が?
紅白の小さな祠がふたつ、仲良く祭られているのにヒントがありそうですね。

16PK さんのコメント...

ねこ♪さん
おめでとうございます!
新年早々コメントありがとうございます。

氏神様ですからね、確かにアットホーム。
ああ、なるほど…
ここには神様が仲良く2人いるのでしょうかね。