2009年6月18日木曜日

高森田楽

高千穂からバスで西へ。
道幅が広く眺めも良い道路は山間の集落を巡りつつ続く。

勾配は上がったり下がったりだが、
全体としては標高を上げているようだ。

数十分ほどして、下りへと転ずる。
視界が開けた。盆地のように見える土地に農村が見える。
すぐにそこだと判る。

阿蘇山だ。

坂を下りきったところにある町、高森中央バス停で下車。

旅の楽しみといえば、食べ物。
せっかく知らない土地へ行くのだから、
土地それぞれの郷土に伝わるものをいただきたい。

この地方には『高森田楽』なる郷土料理があるという。
ぜひそれを食べてみたい。

今回お世話になったのは 田楽 奥阿蘇

囲炉裏に炭火をおこし
串に刺された里芋、豆腐、蒟蒻などが運ばれてくる。

こうやって ゆっくりじっくり
焼いて食べるのだ。

  
ヤマメはまだ生きていた。驚いたなぁー。
もがき苦しむ姿はちょっぴり残酷に思えたけど、
私たちが『食べる』という行為は 大なり小なりそういう事だ。
このヤマメ、究極に旨かった。

網の上では地鶏などを焼く。
普段食べ慣れた鶏肉と違って
強烈な歯ごたえと旨味があって美味しい。

「取り皿です」と言われて受け取った皿には何と、
暖かく焼かれた豆腐が。
これに、九州の伝統調味料である ゆずこしょうを付けていただく。

温かく焼き上がった田楽には
“企業秘密”の味噌を付けて。

定食なので、この他にご飯とみそ汁、お茶まで付く。
ご飯は「きびご飯」とよばれ、
乾燥したとうもろこしの実を刻んだものが入っている。

こんな具合に 西洋のコース料理の如く
次々に運ばれてくる品物で
歩けないほどの満腹になってしまう。

良い時間を過ごさせてもらった。
そして、ご馳走様でした。

2009年6月14日日曜日

高千穂峡


小舟の上の人の大きさと
崖の高さを比べてみて下さい。




カメラのキタムラのメールマガジンに興味深い記事があった。
それは、デジカメが超高画素であるメリットについて。

今や、コンパクトカメラでも 1200万画素以上の画素数で記録できるモノも珍しくない。私自身は、ダイナミックレンジや色再現性を犠牲にする様な画素数競争には反対である。高画素数と高画質はイコールではない。
もちろん、進歩の速い今日この頃、それら性能が総合的に向上してきている事に異論は無いし、喜ばしい事だとは思う。ただ、かつてのディジタルオーディオがそうであったように、周波数レンジのみの拡大は官能的に高性能と体感できる事へ直結しているとは限らないと思うのだ。

さて、そのメルマガ記事の要点を言えば
「画像データの画素数が大きければ、トリミングでの画質劣化を少なくできる」
というもの。まぁ、当たり前の事だ。私もバンバントリミングを行うので、高画素の方がありがたい。
しかし、読み進めると恐ろしい事が…。

デジタル画像では、撮影した後の加工が、フィルムより簡単です。だから、横位置で撮った画像を半分程度に切れば、縦位置の画像は後から作れます。ということは、全体で有効1200万画素の画質がありさえすれば、その半分を切り捨てたとしても、約600万画素は余裕で確保できるので、大伸ばしプリントの画質にも十分に耐えます。だったら、撮影するときは、必要に応じて広角レンズを使いながら、全コマを基本的には横位置のみで撮影し、必要な場合だけ、後で縦長にトリミングするという方法でも、特に問題はないはず
最新の超高画質デジカメは、縦位置で撮らなくても良い?, イワサキのツウ学, キタムラ フォトライフ 2009/06/08

これは、明らかに写真の本質からずれた議論ではないだろうか?
レンズの画角と遠近感とか、臨場感との関係いうものを全く無視した議論なのでは?

私たちが縦位置で撮影するのはどんな場合だろうか。例えば 主要被写体と空、背景など、高さ方向との関係性を説明する構図を作りたいときかも知れない。または単純に、手持ちの広角レンズ使用でも 被写体が横位置で収まりきらなかった場合ではないだろうか。私自身を振り返ってみると、圧倒的に後者の場合が多いと思う。

全て横位置で撮れるなら、そんな簡単な事はない。でも、現実問題できない場合が多いのではないだろうか。

2009年6月12日金曜日

高千穂峡 真名井の滝


高千穂

宮崎県北部の沿岸の街、延岡からバスで西へ。
五ヶ瀬川を遡るように国道をゆく。

そして、急に視界が明るくなる。
久々に空が広くなったのだ。
沿道には美しい棚田の風景が広がる。
人々の暮らしの気配だ。

到着時は雨模様。
翌日、一番の観光地とされる高千穂峡へと足を伸ばした。

五ヶ瀬川の流れは美しい緑色だと聞いていたが
この日は濁っていた。
前日が激しい雨だったためであろう。

2009年6月8日月曜日

青島



島内は檳榔(びろう)と呼ばれる亜熱帯性の樹が自然に茂っており
北半球最北のヤシ科植物群生地との事。
このほか、200種を超える植物の宝庫。
1952年、国の特別天然記念物に指定されている。

2009年6月6日土曜日

青島

先月
宮崎・熊本方面へ旅行に行った。

相変わらず備忘録程度の写真だが…。





2009年6月2日火曜日

水田


田んぼは 水鏡

私たちが 日常
外へ出て目にする風景。
それらのほとんど全ては、人の手が加わった人工的な風景だ。

街も、村も。
里も、山も同じ。

私たちのご先祖様たちが
涙と汗を流して開いてきた村。

美しい風景とは
美しい人々によって作られるという。