2009年12月7日月曜日

宮城県図書館





その、図書館離れ(?)した建物がすごい。




とにかく、もう……
外観も中身も強烈!!

もっと建物を見たい方はweb上にいっぱい在るかと思う。
こちらの写真は美しい)

肝心の図書館としての実力が気になるけど、この秋初めて利用したところ、それがなかなか良い。

蔵書数も、閲覧席の数もかなりのもの。「最高」ではないけど、なかなか優秀ではないか?

感心したのは、社会人優先閲覧席という仕組み。
多くの図書館では、勉強目的の学生さん達で 閲覧席が埋まっている事も しばしばあるのではないだろうか。調べ物がしたくて図書館にやって来たものの、腰掛けて資料を開く席が空いていないのだ。
ここ宮城県図書館では、資料の閲覧が目的の社会人の為の閲覧席が用意されているため、快適な環境で閲覧が可能だ。 さらに驚いた事に、この社会人優先閲覧席では 「席の予約」が出来るのだ。他の資料を探すときや手洗いの為に席を離れるといった場合でも 利用中の席が確保され、他の利用者に席を奪われずに済む。

…あれぇ?知らなかったのは私だけ?




0 件のコメント: