2009年12月8日火曜日

河原町


 


 

国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15) が、7日からコペンハーゲンにて開かれている。


気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書

この条約自体、そもそも不平等な条約である。

現時点での経済的な弱者の経済成長を制限し、 経済力あるものが増々の経済成長を許されるというものだ。経済力はそのまま、資源やエネルギーを使用する権利であると考えられる。もっと単純に言えば、お金は環境を破壊する権利であるのだ。


いま、なぜに温室効果ガス(主として二酸化炭素が注目されているが)の排出を抑制せねばならないのか。ちゃんと答えられる人は どれくらいいるのだろう。そして、京都議定書の通り、各国が二酸化炭素の排出量を減らせたとしても、地表の年平均気温の上昇をどれくらい抑える事が出来る のか、ちゃんと答えられる人はどれくらいいるのだろうか。

京都議定書は、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告を根拠としている。IPCCという組織自体、政府間の組織であって、純粋な専門の科学者だけの組織ではない。そのIPCCの報告内容自体が科学的な根拠に欠ける、極めて信憑性の低いものであるという声も少なくない。

そして…「クライメート・ゲート 事件」騒動。

 百歩 譲って、
仮にIPCCの予測が正しい、と考えた場合の興味深い計算結果がある。

京都議定書の締結国すべてが二酸化炭素の削減目標を達成すると、地球全体では約2%の削減となる。それは地球温暖化防止にどれほど寄与するのか。いま、この瞬間も、人為的な二酸化炭素は排出されている。その量は年間で265億トンと言われており、年々増加の一途。その量の "2%"を削減という事は、"265億トンの排出量が260億トンになる"事である。この調子で100年後に シミュレーションでセ氏2.8度と言われる温度上昇をどれくらい防げるというのだ?

お祭り騒ぎ「チーム マイナス6%」の日本。目出たく 二酸化炭素 6%削減を達成した場合、全世界の排出量の0.3%を減らす事が出来る。その場合、抑制する事が出来る平均気温上昇は…せいぜい セ氏 0.004度。たったこれだけでしかないのだ。(参考図書「ほんとうの環境問題」池田清彦 養老孟司)



記憶も新しい天体ショー、皆既日食。
その、太陽が月に隠れた数分間に、地表の気温は なんと約2度も下がったという。


政権交代したばかりの鳩山総理大臣の国連演説。
二酸化炭素を1990年比で25%も削減します、ですと?????
会場からは拍手も聞かれ、欧州のメディアでは好意的に扱われたという。

おいおい、ちょっと、待ってくれ。
私たち日本人には、少しも喜ばしい事ではない。

日本が二酸化炭素の排出量を減らすと、一番喜ぶのは誰か、よく考えたら良い。それは、将来的に海に沈む(これもまた、うさん臭いが)といわれる島国の人々でも、熱帯雨林の破壊に苦しむ国の人々でもない。それは、欧州の先進工業諸国、なのである。


ウソばかりついていないで、そろそろ、本当の事を話したら?西側の人達よ。
正直になったらいかが?

「二酸化炭素排出権取引ビジネスで、もっともっと儲けさせろ、私たちを。」
「開発途上国の事なんてどうでもいい」
「自然環境などより、経済力こそすべてさ」

「気候変動など、真面目に取り組み気などさらさらないさ」

COP15。
今日も先進工業諸国のお偉方は、燃費の悪い高級な自動車で会場へ駆けつけ、照明設備と空調の効いた部屋で会議でも行うのだろうか。通信が発達した現在、その模様は光の速さで世界中へ配信されるのだろう。化石燃料を燃やし続けながら。


0 件のコメント: