2009年12月30日水曜日

雪の朝



仙台でこの冬初めての
雪の朝

うっすら、1cmほど積もったか?

岩手や山形での積雪を経験した者にとっては
全然大した事ではない

ニュースを見て驚いた
庄内、特に鶴岡では記録的豪雪だという


仙台のこの雪はすぐに消えた

私が子供の頃、12月にもなれば
街へ出るバスに乗るために
30cmくらい積もった雪の中を
母に手を引かれ歩いたものだが

最近、周囲の人は皆口々に言う
「雪が減っている」と

近年冬の蔵王名物の樹氷が
綺麗に形成されない年も多くなっているという





世界の遠い国のどこかの事、ではなく
私たちの身近なところでも
気候の変動らしきものが感じられつつある。

軽々しく『気候変動』という言葉を
使う事にも、ほんとうは慎重になりたい
気候は変動して当然のものだからだ

その変動がここ数十年間で
人類史上急激に現れているのが問題だという
『地球が大変だ』という

…そういった情報を
テレビ・ラジオ・新聞など
多くの報道機関をはじめ、
学校の教科書
政府・行政機関の広告が
騒ぎ立てる
さらに、奇妙な事に
産業界の宣伝までもが…
『地球が大変だ』
と訴えるのだ

私は素人なので、良く分からないが
ここ数十年の急激な気候変動の容疑者の一人として
人為的に日々排出されている
二酸化炭素が挙げられているらしい
 他に悪いやつもいるらしいが
二酸化炭素が主犯格という事らしい
よく根拠がわからないが、ね



わたしたち人間は
食事を調理したり暖をとったりするために
火を使う動物だ
モノを燃やして、熱を得なければ
文明的な生活を営む事ができない

歴史に学ぶと
この事−−−火を使うことこそが、
まさに
人類の文明社会の生命線だという事を
知ることができる

黄河、エジプト、メソポタミア、
インダス、ギリシャ…
高度な文明が発展したとされる場所は
今や荒涼とした砂漠地帯となっている
 それは何故か

拡大する人口に伴い、薪の需要も増加
人々の暮らしを支えるための
エネルギーのために
周囲の森林の木々を片っ端から切って
薪にしていったからだと言う見方がある

太陽からのエネルギーが地表に降り注ぎ
それが植物を育て、森を育てる
その営みが追いつかない位に
人間の文明生活の
エネルギー消費が大きくなってしまった
やがて、国が滅び
数千年の時を経て私たちが目にするものは
緑が失われた砂漠ばかり
それらが静かに語る事は
厳しい現実 なのだ


古代文明(農耕の開始)以来も
緩やかだった人口増加の加速度は
化石燃料(の利用法)の発見で
さらに一段とスピードアップした
化石燃料のおかげで人口爆発が起こったのだ
 それにともない
食料争奪戦が起こる
そう、2度の世界大戦だ…

人口爆発し、今や日本はもちろん
地球全体の人間の定員は超過状態に

それでも我が国の国土が
これほどまでに緑が多いままなのは
まさに、化石燃料のおかげだ
という見方もある


やがて化石燃料が底をつき
私たちが再び、煮炊きや暖房に
薪を使う事になったらどうなるか
皆さんは想像つくだろうか??

いま、環境問題、環境問題と大騒ぎのお偉方、
熱心な環境運動家さん達は
そのような事態を想像していらっしゃるのだろうか?


「地球温暖化」問題は環境問題かというと、
本当は少し違うと思う

環境問題の皮を被った
エネルギーの問題なのでは?

「石油が無くなるかも知れない」
という恐れ
それをただ、紛らわしたいだけの様に
私には見える



2 件のコメント:

Kirin さんのコメント...

なかなか難しいです。

CO2が悪者にされてますが、本当はそうではないらしい?とかいう話も聞くし・・・。

なんにせよ、人類は地球にやさしくないのは事実です。
それを自覚して、少しでも自然を大切にしていきたいと思います。

ということで俺の86も〇媒装着します・・・。

16PK さんのコメント...

Kirinさん、こんにちは
そうです、人類は地球にやさしくはない生き物なのです。その辺のところ、忘れられていないかなと思いまして…。排ガスですか?気にしなくてイイと思いますよ、白金とか高価ですし。