2011年3月14日月曜日

もう少し経てば、事実が明らかになるでしょう

新聞、ラジオ等のメディアにより、津波による大惨事と聞いております。
海岸沿いで起きた出来事は、私の行動範囲から確かめる事はできません。

私の住む仙台市太白区東部付近の情報です。
近所の名取川、その支流の笊川を見ると、
津波によるものなのか、大量の土砂や流木、
所々小型のボート等まで川岸に打ち上げられているのが見えます。

多賀城方面から、ずっと煙が立っているのが見えます。
石油施設が火災を起こしているとの情報です。


遠くに住む方で被災地付近の様子が気になる方へ
マスコミでは大変衝撃的な映像、情報が流されています。
その一方、比較的被害の軽い場所も少なからずあります。
どうか落ち着いて、こちら側からの電話等をお待ちください。

また、災害伝言ダイヤル「171」もご利用ください。
問題なく稼働しています。

食料、水、熱源が問題です。
運良く開いている店舗には、物資を求める人々の長蛇の列です。

電話回線は相変わらず混み合っています。
携帯電話のメールの送受信もなかなかうまく行かないです。

生きていれば必ず、
こちら側から連絡が行くと思います。
それが何日後になるのか、わからない状態です。


0 件のコメント: