2011年5月16日月曜日

なせばなる!



なせばなる成さねばならぬ
何事もならぬは人の
なさぬなりけり

有名な歌である。
日本人なら一度は耳にした事がある人も多いのでは? 歴史に疎い私でさえも テレビアニメかなにかの主題歌にそのフレーズの一部が引用されていたせいで、子供の頃から知っていた。この和歌のもつ意味や、どこで誰によって生まれたかは別として…

破綻しかけた藩を立て直す事に成功した
米沢藩九代藩主・上杉鷹山 公

鷹山公の偉業については、「上杉鷹山の生涯 ~不安定な現代に役立つ格言~」に解りやすくまとまっているので、ご参考に。


ある人は言う
いま私たちは大ピンチに直面している
しかし、今こそ
これまでを変えるチャンスなのかもしれない。
"ピンチ"を"チャンス"に


しかし、多くの人は考えが違うようだ。
この閉塞した状況は何なのだろう?
なぜ、変えようとしない?なぜ、自分から変わろうとしない?
いったい、なぜ?

外の国からは現在のニッポンはどうみえるのだろう。
近頃気になっていたところ、外とつながりのある知人からの話を聞けた。
「今の日本は、朝鮮半島の某・独裁国家と同類とみなされている」
…正直、ショックだった。

お上が右だと言えば、皆揃って右を向く。
あれだけ大量の放射性物質が放出され、今現在も事態の収束の見通しも立たない状況にもかかわらず、人々は政府や御用学者の説明を信じて疑わず、何も無かったかの如く平然と暮らしている。自主的に避難する人々のことを疑問視。子供の事を危険から守ろうという、ごくごく当たり前の、生きる人間として当然の責務を果たそうとする人を、まるで奇人変人扱いする。もしくは、"震災復興"をサボる"非国民"扱いだ。

大部分の国民は真実を知らされないまま、
政府の言う通りに動く、または何もしない。
人が原発に反対を唱えれば
「お前は"アカ"か!」と ののしる。

外からこれらの様子を見ている人々からは、
この国は近いうちに また戦争を起こしかねないようにみえているのだ。
重ね重ね、ショックだった。でも、なるほど、そう言われても仕方が無いねと納得してしまう。

戦争時代を経験したおばあさん、おじいいさんが健在の人は、今のうちに話を聞いておくと良いだろう。
ある おばあさんは、孫にこう語った。
「いつの間にか、戦争になっていた」


- - - - -
今年成人を迎えたような若い人はご存じないかもしれないが、冬の仙台は「灰色の街」だった。

スパイクタイヤ粉塵公害というやつだ。
冬道用の自動車タイヤとして1970年代より爆発的に普及した「スパイクタイヤ」で、雪の無い舗装道路を走行する事により引き起こされた。

冬用タイヤに植え付けられたスパイクピン(スタッド)が、舗装道路の路面を削る。削られたアスファルトは粉塵となって巻き上げられ、空中を漂い、空を灰色に濁らす。道路周辺に降り積もる。人々や動物たちはそれらの粉塵を吸い込むことで、健康への悪影響も心配された。

北国・北海道では、本来純白であるはずの札幌の雪まつりの石像が、まるでコンクリート製であるかのように鈍色になった記録がある。

やがて、スパイクタイヤの使用(厳密には、乾燥路面での使用)に対する疑問の声が高くなってゆく。粉塵の健康への悪影響が証明されたり、乾燥路面では普通のタイヤよりも制動距離が長くなったりといった事実が明るみになっていった。社会は『脱・スパイクタイヤ』へ向けて動き出した。
数々の非・協力的行動に打ち勝ち、1986年、宮城県では全国に先駆け「スパイクタイヤ対策条例」が施行され、脱スパイクへの動きにはずみがつく。そしてついに、「スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律」公布・施行され、1991年よりスパイクタイヤの販売が終了する。今現在は、冬用タイヤと言えば「スタッドレス(鋲の無い)タイヤ」の事を指すといって良いまでになった。スパイクタイヤは一部の二輪車などで使われているくらいである。


一般市民による新聞投書がきっかけとなり、
タイヤメーカーをはじめ、業務で自動車を活用する企業や団体、そしてたくさんの一般市民の力が合わさり、スパイクタイヤ粉塵公害の解決が成し遂げられた。

この輝かしい事実こそ、いま、思い出すべきではないだろうか。

- - - - -

『脱・原子力発電』は実現できる!

電力が足りなくなるなんて嘘にだまされないで欲しい。そんなことを言う人は、いつも点けっ放しあろう、テレビの電源を切って欲しい。
今を生きる人々の意思で、子の代・孫の世代の運命が良くも悪くもなることを一人一人認識して欲しい。


もうひとつ、クルマ関連で例をだそうと思う。
それは「脱・アスベスト」だ。

ブレーキやクラッチの摩材として、理想的な材料とされたアスベスト。
自動車や電車など、あらゆるものの安全がかかっているブレーキ。そのブレーキにとって要求される性能を満たすためには、アスベストがかつての最良の選択であった。何よりも安全のためである。

でも、今となっては、アスベストを使ったブレーキパッドを見つける事さえ困難になった。
粉塵となったアスベストが健康上問題となる情報は、皆ご存知かと思う。交通の安全と、クルマに乗らない人を含めた市民全員の健康を天秤にかける選択だったのだと思う。
ブレーキ業界はアスベストを使わないブレーキ摩材の性能向上に努め、今現在は、「ノン・アスベスト」が当たり前となった。

この「アスベスト規制」、何と、法整備よりも前に業界団体の『自主規制』で実現できたのだ。これは、拍手をおくりたい出来事なのではないだろうか?


私たちは原発なんていらない。

0 件のコメント: