2011年6月21日火曜日

快挙!!! 宮農の牛3頭が入賞


やったね!!!
津波に流され生還した宮城県農業高等学校の牛が、県の共進会で見事入賞を果たしました。

電話でこの知らせを聞いた時は感動しました。
(これまでの経緯についての私の記事はこちらです→津波から生き残った牛たち…あれから3ヶ月

大崎市発「おむすび」さんの記事『津波乗り越え3頭入賞 加美農に避難の宮城農の牛 県ホルスタイン共進会(美里) 「学校復興のシンボルに」』

河北新報の記事『被災の乳牛 高い評価 宮城農高 県の品評会で2位に』

毎日新聞の記事『宮城県農業高:奇跡の乳牛が準グランプリ…県品評会で入賞』


各記事で伝える内容が微妙に違っていますが…これら3記事の内容をまとめると、3頭出品したうち2頭が部門2位に、1頭が4位入賞と好成績であったのでしょうね。私の相方が宮農の先生から直接連絡を受けたのですが、それはもう喜びで大興奮のご様子で、どの牛が何位に入賞したのだかよく確認取れなかったらしいので(学校始まって以来の快挙とか?それとも久しぶりの入賞?)…後でゆっくりとお話を聞きたいなと思っています。

まずは喜びのお知らせでした。
被災地と、この国と、全世界に希望の光が届きますように。

0 件のコメント: